GAINA. 日進技術開発 ガイナのブログ 『GAINA 虎の巻』   GAINA JAXA COSMODE PROJECT BRAND

株式会社日進技術開発 GAINA(株)日進産業グループ 広島市安佐南区大塚西3-3-33 TEL082-836-7271 FAX082-555-3458 Email:nissingk2017@gmail.com

株式会社日進技術開発です。断熱セラミック GAINA 株式会社日進産業グループです。 ガイナ、ガイナルーフの販売のほか、ガイナルーフの企画、製造を担当しています。 卸売りを主業にしていますが、新築、リフォームのお客様、工場企業、施設店舗関係の皆様もお気軽にお問い合わせください。

ガイナルーフ効果

GAINAルーフ(遮熱断熱ルーフィング)とは 詳細

GAINAルーフは、両面に線状突起を有する軟質弾性プラスチィックルーフィング((株)チャンピオン製ウルトラチャンピオンルーフィング)にガイナを塗装した商品です。

ガイナルーフは、線状突起により、カラーベストや瓦棒屋根でもルーフィング表面と屋根材との間に隙間を確保します。隙間を確保することにより、屋根材からの熱貫流経路を、伝導、放射、対流の三つの経路に分解できます。

 

瓦棒屋根やカラーベストの時、屋根材からの伝導による熱エネルギーの移動は、屋根側の線状突起から平面部位に拡散し、野地板側の線状突起を経由して野地板に伝わります。

プラスチィックである基材の熱伝導度は低く、また伝導経路が長いため、伝導による野地板への熱エネルギーの移動は遅延し、(塗膜表面の熱エネルギーを遠赤外線として高温側へ放射して低温側への貫流を減少させる性能を持つ)ガイナ塗膜により屋根材側(高温側)に放射されることで、野地板へ伝導するエネルギー量は低減します。

 

屋根材からガイナ塗装面への放射による熱エネルギーの移動は、ガイナ塗膜により効率的に屋根材側へ再放射されます。

隙間空間の空気温度と、(比熱と熱伝導度が極めて小さい)ガイナ塗膜の表面温度は常に同じ温度になり、対流による熱エネルギーの移動を抑制します。

 

このように熱貫流を伝導、輻射、対流に分解し、その各々に対策を施すことで熱貫流量を低減することがガイナルーフの特徴になります。

 

その効果は、屋根材がセラミック瓦、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板(自然石粒付き鋼板屋根材)のような放熱性能に優れた屋根材のとき、さらに大きくなります。ガイナ塗膜から再放射された熱は屋根材を温めます。その熱が放熱され屋根材が冷まされることでガイナ塗膜からの熱エネルギーの放射を屋根材がさらに受け取り、ガイナルーフの温度はさらに低下し、野地板への熱エネルギーの貫流量はさらに低減します。

 

屋根材が瓦やカバー工法の場合は、瓦の形状や瓦桟木により野地板と屋根材の間に隙間ができます。瓦メーカーによれば、瓦と野地板の間の空気は温度差や吹き込みにより入れ替わるとのことです。

熱伝導による熱エネルギーの移動も桟木により遅らされますし、ガイナの特性により、塗膜表面温度より低温の空気が対流すれば、塗膜温度も即座に低下しますからより効率的です。

 

野地板とガイナルーフとの隙間は、常にドライエリアとなります。そのため、野地板からの水蒸気を受け入れることができ、野地板の調湿性能を高め、野地板を健全に保全する効果も期待できます。

 

ルーフィングの線状突起により瓦桟木とルーフィングの接点では隙間が確保されているため、瓦の隙間から侵入した雨水は、桟木で滞留せず流され、桟木部分で雨水が溜まることによる釘穴から野地板への雨水の浸潤を防ぎます。また、ガイナ塗膜は親水性も高く、塗膜表面で雨水は表面張力しにくいため、その効果はさらに高くなっています。

 

ガイナはもともと外装用塗料であり、建物の外郭に塗装したとき、冬に建物を断熱する性能を有します。ガイナルーフでも同じ効果が得られます

 

ガイナルーフは、ガイナという優れた性能を有する塗料と、ウルトラチャンピオンルーフという優れたルーフィング材を組み合わせた商品ですが、お互いの性能を高めあうベストな組み合わせです。

 

コストは、1軒当たり20万円程度かかりますが、夏期に暑くて使えないロフトや二階の寝室での寝苦しさを緩和できることを考えれば必ずしも高コストではありません。また、ガイナルーフを採用することで、ロフトを生活スペースとして活用できる建築計画が可能になり、設計の自由度は広がります。

カラーベスト(スレート)屋根の改修工事で、カバー工法を選ばれる建築主様へ GAINAルーフ(遮熱ルーフィング)とカバー工法の相性

カラーベスト屋根の痛みが酷く、塗装できない時、カバー工法で改修することは選択肢の一つです。

その時、天然石を表面に貼り付けたジンカリウム鋼板を選ぶことをお勧めします。

もちろんガルバリウム鋼板でも全く遜色なく、とてもいい材料です。

ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板は、組成はほとんど同じで、表面に釉薬で色付けして焼いた石を鋼板に貼り付けた屋根材で、天然(自然)石粒付き屋根などという呼ばれ方をしています。

このブログは熱処理についてのブログなので、熱処理以外のメリットについては割愛します。

そもそもガルバリウム鋼板も熱処理に優れた鋼板です。

天然石は太陽光を受容し発熱した熱エネルギーを大気に放射しますが、その冷ます能力は鋼板より優れています。

太陽光で高温になりますが、その熱を放射によって冷まします。

また、表面積がガルバリウム鋼板より多くなるので、風によってさまされる効率も高いと思われます。

ガイナルーフは、建物内部への熱の貫流を極端に遅らせ、ガイナの特性により塗膜表面に留まる熱エネルギーを屋根材側に再放射することで、建物内部への貫流量も減少させるルーフィング材料です。

単に、遮熱しているだけではありません。

ですから、屋根材が効率的に冷めてくれれば、ガイナ塗膜からの放熱効率も高まり、相乗効果で、より熱エネルギーの貫流量を減少させることができます。

カラーベスト屋根をカバー工法で改修するとき、既存屋根に粘着ルーフィングを貼りますが、その上にガイナルーフを重ね貼りすれば、天然石屋根の熱処理効果を最大にすることができます。

天然石屋根でなくても、ガルバリウム鋼板でも同じことです。

ガイナルーフはカバー工法に最適なルーフィング材です。

ガイナルーフカテゴリー内に、ガイナルーフが熱エネルギーを屋根材側に再放射している証拠になる実験も掲載していますから、参照いただければと思います。

GAINAルーフ(遮熱断熱ルーフィング)効果測定 松山第二報

K様邸ガイナルーフ効果測定第二報
ガイナルーフ効果測定K様邸第二報2
ガイナルーフ効果測定K様邸第二報3
6月8日~11日イラストレータ1
6月9日イラストレータ

GAINAルーフ(遮熱断熱ルーフィング) 性能測定 高知県安芸市 木造倉庫(建築中)R3.6.21PM2:00


この建物は、建築中の木造倉庫です。屋根は鉄板小波、内装は合板、構造材露出(内装無し)であり、完成状態です。
R3.6,21現在、外壁は未施工で、透湿防水シートまで仕上がっています。
断熱材は無く、断熱材の役目をする部材はガイナルーフだけになります。
高知県安芸市は高知県内でも高温の地域で、阪神タイガース二軍のキャンプ地です。
日差しは本州とは比較にならないほど強い地域になります。


サーモ画像内の十字の市の印は画像内の温度の最高点を示し、左上にその温度を表示しています。

屋根
屋根サーモ

屋根温度は概ね62℃程度です。

この時、直下の天井は、


南側
南側サーモ


ガイナルーフの効果で、42℃程度と20℃程度の温度上昇を抑制できています。

北側は


北側
北側サーモ

同じように42℃程度です。

断熱材のない木造倉庫ですが、内部は全く暑くなく、熱気も感じません。

遮熱ルーフィングとGAINAルーフィング(遮熱断熱ルーフィング)の違い

遮熱ルーフィングは概ね、ゴムアスルーフィングの上に薄い段ボールをはり、その上にアルミを蒸着させた防水材料です。

段熱伝導度の高いアルミからの熱伝導を熱伝導度の低い段ボールを経由させることで熱貫流を低下させる目的だとおもわれます。またアルミを蒸着するためにあらかじめ段ボールを張り付けることで効率を高めているのかもしれません。

アルミは遠赤外線(瓦と野地板の間には近赤外線は存在しません)を吸収も放射もしません。しかし多くのアルミルーフィングのアルミはサーモグラフィーや放射温度計で表面の温度を測定できますから、アルミの純度は低く、熱エネルギーの吸収もしています。また純度が低いとアルミの耐久年数に問題が生じますが、そういう問題が生じない対策はしているのだと思われます。段ボールに蒸着することでアルミの耐久年数を伸ばしているのかもしれません。

アルミルーフィングに蒸着されているアルミは熱吸収を抑制しますが、完全ではありません。また、熱伝導部からの伝導熱は輻射放熱せず、大半を野地板に伝えます。

GAINAルーフは、軟質弾性プラスティックにガイナを塗布した商品ですから、遠赤外線は効率的に吸収して再放射することで高温側(屋根材方向)へ熱エネルギーを戻し、低温側(野地板側)への熱エネルギーの貫流量を減らします。

伝導部位からの熱エネルギーの伝導も、屋根材、瓦桟木、野地板、との接点を線状突起によって制限していることから伝導経路は長く、また軟質弾性プラスティックも熱伝導度は小さいため、野地板への貫流スピードは大幅に遅れます。

その滞留している熱エネルギーを、ガイナの放射能力によりさらに高温側に戻しますから、建物内部への熱貫流量は大幅に減少し、躯体での蓄熱を抑制します。

大気に放熱する性能の高い屋根材(ガルバリウムカラー鋼板や陶器瓦)と併用すると、GAINAルーフから戻された熱エネルギーは大気に放熱されますから、相性のいい屋根材といえます。


6月10日15時サーモ


放射しきれず、塗膜に残った熱エネルギーと、伝導部から伝わる熱エネルギーは、塗膜の熱伝導度と比熱が極めて小さいため、塗膜表面の空気に放熱します





ギャラリー
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料
  • 遮熱断熱多機能ルーフィング GAINAルーフ説明用資料